メリットを知ろう

株式は価格の変動が激しくて手掛けづらいと考えている人には、中古ワンルームマンション等での不動産投資をお勧めします。
1戸建てではなくマンションに投資をする利点は、管理がしっかりとしているからです。
1戸建ての場合、建物管理は自分でやるか、賃借人がやることになります。
その分、費用が掛かりませんが劣化も進みます。
一方、マンションは建物管理会社が予めいるので、管理の部分については心配が要りません。
しかも、賃貸付けもしやすいです。
1戸建ての場合、ファミリー層が主に想定されますが、マンションであればその広さによって一人暮らしでもファミリー向けでもDNKSでも対応することができます。
需要も多く管理も行き届いているマンションは副収入にうってつけなのです。

最近では賃貸物件に投資をする人が増えてきています。
この動きは、長く続いたデフレーションから脱却し、インフレーションに向かっている流れに乗ろうとしている人が増えていることを意味します。
金融緩和が積極的に行われている中で、市場に溢れだしている資金が不動産に向かっていることも不動産の人気化の要因の一つとなっています。
低金利が続く中で生命保険会社などの機関投資家も債券から不動産へと投資先をシフトしています。
オフィス市場では賃料の下落が止まり、逆に値上がりする動きも見られてきました。
この動きは遅れながらも住居の家賃に波及するものと考えられます。
今は利回りが低くても、将来的には利回りが上昇するという期待を持つことができるため、今後も不動産投資をする人は増える可能性があります。