いい不動産会社を選ぶ

中古ワンルームマンション投資が人気を集めています。
生命保険会社がワンルームマンションを1棟ごと購入し運用を始めるなど、個人だけでなく大企業にもその人気は波及しています。
ただ、中古ワンルームマンション投資と共に人気を博している金融商品があります。
それが不動産投資信託です。
これには上場されているものと未上場のものがあり、前者は個人に人気となっており、後者は法人に人気となっています。
後者が法人に人気である理由は価格の変動が年に1回乃至は2回しかないからです。
つまり、時価評価が義務付けられている企業の決算では、上場しており価格がガラス張りになっている状況よりも未上場で価格が固定されている方が都合が良いのです。

前者である上場されている不動産投資信託は株式と同様に購入することが可能です。
日々、株式市場で売買されているため流動性が高く、換金しやすいという利点もあります。
投資口価格はここ数年上昇を続けています。
不動産市況が底を打ち、反転してきており、オフィスやなどの賃料も価格水準での契約更新、増額での契約ができるようになってきました。
また、ホテルも好調です。
賃料が上がっているため、分配金の増額も行われ、結果、投資口価格も上昇しているという動きになっています。
また、金融緩和により市場に資金が大量に供給されていることも影響しています。
行き場を探している資金が好調な不動産に向き、そのことが価格を引き上げているのです。